« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

那賀川の桜3分咲き☆

070330nakagawa1

夕暮れに訪れてみました。

松崎の税理士さんが2分咲きくらいかな、

とわざわざ電話で教えてくれたのにも関わらずフライング訪問してきました。


070330nakagawa2

ずらーっと並んでてすごいでしょ?

伊豆、松崎の那賀川の桜並木はすごい迫力なんです。

染井吉野の立派なこと。

花はまだ満開ではないですけど。

幹を見るだけで満足しますよ。

いやー満足満足・・。


ふふ。無理ありますか?

早すぎですね?

東京から桜が咲いたー!と

聞こえてくるのがうらやましかったんですよね。

ついつい自分達もお花見したくなっちゃいました。


070330nakagawa3

今週末がきっと最高だと思われます。

数日後には川のせせらぎと真っ白な桜がきっと楽しめます。

カワセミもいると聞きました (これも自然を愛する税理士さん情報)


070330nakagawa4

大沢温泉付近の夜のちょうちんの明かりもロマンチック。

浴衣姿で歩きたい気分です。

桜にはいろいろな人の俳句がかけられていて、

歩きながらいろいろ楽しめそう。


ちょっと車で来ただけなのに、

旅行気分になりました☆

道の駅、「花の三聖苑」には温泉のお風呂屋さんもついていて、

お花見がてらあったまるという方がたくさんいらっしゃいました。

ライトアップも始まってましたよー!!

http://www.gardenvilla.jp/nakagawasakura.html

にも紹介してます。

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

大きな虫!!

( ̄ロ ̄lll)


070329ukon

庭に苗を植えようとしているときに掘り起こされました。

気持ち悪い虫ではありません。

うこんの根っこです。

ガーデンヴィラ白浜のお庭は夏はうこんのはっぱが生い茂ります。

冬になっていなくなっていたのですっかり忘れてました。

うこんと言えば健康食品の王様ではないか

二日酔いなどに効くし、

と思って採ってきましたが、

煎じてお茶にしたりするのは根っこなのでしょうか。

根茎とはこの部分のことなのでしょうか??

形の怖さと調理法の??が多すぎて

ちょっとほっとかれつつあります・・。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

おかず穫り

潮がいい日でした!

貝を採る人たちにまざって私たちも磯遊びに行きました。

小撫は本当にやどかりの宝庫ですね!

私にはもうヤドカリヤドカリヤドカリ。

食べられる貝なんて見つかりません。

しかたなしにきみくんとエビを捕まえようと必死に水に手をつっこんだり

不毛な磯遊びを30分ほど。

すると近くの人が見かねてか、

貝の採り方、探し方を伝授してくれました。

そこで私はお味噌汁の出汁になるような小さい貝を何匹かゲット。

楽しくて夢中になっていると

カンカンカン!って変な音がするので音源を探すと、

居ました。やっぱりうちの父。

フジツボを岩からはがしている音でした。

誰もフジツボなんて見向きもしないのにひたすらはがして

自分の収穫量にほれぼれして、

私のほぼからっぽな袋を見て、

一番成績悪いんじゃないの、君?とややほこらしげです。

負けた気がしません。

しばらく静かだったきみくん。なんとタコ2匹捕獲中。

0703231

激しくタコと格闘したと思われる傷が手に残ってました。

憎らしげに私たちをにらむタコ。

0703233

すっかりゆであがったタコ

0703234

弾力があっておいしかったです。

きみくんが貝獲りのおじさんにわけてもらった貝とワカメはお味噌汁にして夕食に出しました。

もらった本人が食べられなくて残念でしたが、

さわやかな磯の香りがすっとして磯遊びの疲れを癒してくれました♪

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

和食以外にもあるんだな

おいしいお店が、下田には。

ド・マーニは住宅地にひょっこり出現するかわいいお家型レストランです。

この日もお腹ぺこぺこで行ったので

あっという間。

一皿目の写真をとって・・夢中で食べて・・

気づいたときはデザート。

一皿目♪

正しくは東京から遊びにきた友達きみくんと私と料理を父に撮ってもらおうと思ったのに

お皿がメインになっているだけの写真。

頭が完全にきれているではないですか。

なんでしょう・・父親のやきもちでしょうか。

070322demarni

で、最後のデザート・・

070322demarni2

本当はあと4皿くらいおいしいお料理があったのですよ。

お刺身に食べ飽きたら、ぜひ、一緒にいきましょう。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

椿移動しました

椿の場所を移動しました。

植木屋さん二人掛かりで、大変でした。

お風呂の裏で寂しそうだったのですが

今や、庭の中心にどーーーーんってかんじです。。

070219


私も珍しく庭仕事を手伝いましたが、

途中父が丹精こめてつくった肥やしのようなものをひっくり返してしまいました。

最初は黙っておくつもりでしたが、

あまりに臭うので絶対に気づかれると思い、

正直者な私はすぐに謝りに走りました。


椿を植えた場所に水仙がたくさん植わっていたので、

根分けして磯への散歩道の周りに爪木崎をお手本に水仙群生地をつくりました。

来年の1月が楽しみです。

|

2007年3月18日 (日)

カ・ラ・ス・ガ・イ

「桜貝を採りにいったんだ!

お父さんがおいしい料理をつくるんだ。」

と誰かに言ったような・・。

それ、カラス貝の間違いでした。


数日前に潮が干く瞬間を狙ってカラス貝が採れるという噂の場所へ

行ってきました。

0703182

下田ではとこぶしやサザエやあわびは漁業権がないと、

採ってはいけません。

カラス貝はいいんですね。

というか、間違いだったら今のうちに教えてください。

結局幸か不幸かまだ採れておりませんので。


この日の滞在時間は5分。

だって潮引いていなかったのです。

それに寒かった。

娘のやる気ゼロ。

0703181

こんな小さいのはいたので、

たぶん教えていただいたスポットはここかと

確信はしています。

もしかしたら全部食べつくしちゃったのかな。

教えてくれた方、スケッチの先生の旦那さんですが、

量食べそうに見えます・・!!

小さいのをちょこっとだけいただいて近所で

飼ってみることにしました。

|

2007年3月17日 (土)

祝 出陣

ガーデンヴィラ白浜でお手伝いしてくれていた高校生が卒業しました。

下田の高校生は卒業後大半が町を出てしまうのですが、

彼ら同様で、もう間もなく旅だちます。

昨日その送別会をしました。

いままでは自転車でがんばって坂をのぼってきていたのに、車で登場し、

どんどん大人になっていくなぁと感慨深かったです。

同時に私なんて車で一人では、

ベイステージ下田までしか行かれないのにっ!

と少なからずショックをうけましたが、

車の前方へこませて、サイドミラー壊れているのでまだまだ私の方がまし?


卒業アルバム(懐かしい!)にも一筆書かせていただいたので、

少しでもガーデンヴィラ白浜のことを覚えていてくれることを願います。

高校出て即一人暮らしを余儀なくされる彼らにはお揃いの一人暮らしセットを

プレゼントして、東京でがんばってくれ!

と心の中で激励し、心の中で送りだしました。

卒業おめでとう☆

いろいろあるだろうけど、がんばってね。

|

2007年3月15日 (木)

しましまで長いもの

が送られてきたんですね。

ホワイトデーなので。

届く前に  「しましまで長いものだよ。」

となぞなぞを言われていたので、

さぐりを入れて、

「一口で食べられるものかな?」

と質問しました。

「それは危険だからやめてください。」

とだけ言われていました。

でも試してみました。一口で、パクっ。

0314baum

バームクウヘンと私。

怪しい人みたいですね!

いろいろ理由があるのです。

でも怪く見えるからちっちゃく載せました。

ホワイトデーに贈り物が届くなんて!うれしい!

うれしかったです。

今日はアレルギーかなにかで唇が腫れてしまっていたので、

ややくらーい気持ちでしたが、

明るくなりました。

お客様、くちびる厚いままお出迎えしてすみません。

もうかなりひいているのでこういうかんじの人なのだろうと思ってくだされば結構です・・。

|

2007年3月13日 (火)

5年目にして

本日ようやく下田観光協会に登録しました。

遅いって?

そうなんです私たちって遅いんです、なにかと!!

自分達は必死でやっているつもりなのに

周りのみんなに必死さがまったくかんじられないなーと

いつも、いつも、いつも言われてしまいます。

反省してます、

でも心当たり、なくはないのでここらへんは議論しないで突き進むつもりです。

ガーデンヴィラ白浜はそろそろ生まれかわりたいと思いますね、切実に。

客室のデザインを一つリニューアル計画中です。

これの目標は6月、かな。(遅いですか??)

観光協会のリンクにはこの写真を載せてもらうことにしました。

Gardenvilla1

写真は毎年アルバイトに来てくれていた子が撮ってくれました。

ホームページの写真は何枚もその子に撮ってもらってます。

どうもありがとう。

そして憧れの記者になれるといいね!

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

のどかだ

のどかなんだー松崎は!!

と叫びたいです。

こんな海のない伊豆も素敵です。

Nakagawa1

桜が咲いていればもっと素敵ですが。

見ごろはまだまだですね、残念。

ここは那賀川という川沿いの桜並木です。

今はカラカラに乾燥して見えますが、

もうすぐ花が咲き、暗くなるとライトアップ(2007年3月18日〜4月8日)までされて

それはそれは見事でしょう。

というのは私はまだ訪れていませんので、

今年は夜桜見物に参戦したいです。


次、アフリカキンセンカです。

咲いてない桜だけではかなしいと思い、

お花畑に行ってきました(すぐそばの)

普段は畑として使われているようです。

Nakagawa2

てくてく歩き続けると、

松崎の町に到着です。

世界の中心で愛をさけぶ(TV版)

のロケ地となったおもむきのあるきれいな街です。

Nakagawa3

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

須崎遊歩道を歩く

さぁ、今日も(なんだか変に)気合いはいってます。


Tsumeki4_1

須崎から爪木崎までウォーキングしてきました。

最近下田のよいウォーキングサイトを探して探検しはじめたのです。

花粉症の母は欠席。

矢印の導く方向へと歩けば迷うこともないですね。

Tsumeki3_12

約2.8kmですが、アップダウンがあるので結構運動になります。

海が開けたり、林の中に入ったり、

ここをぬければトトロにあえるかも。

Tsumeki5_1


ひなたぼっこする岩に出会いました。


Tsumeki6

そろそろひじきの季節で、

磯はすっかりひじき畑。


Tsumeki7_1


東京に住んでいたころはひじきは黒くて乾燥しているものだと思っていた。

ぷりぷりした生ひじき、食べたい!


石切場だったらしくまだ傷痕の消えない岩。

それを優しく包みこむ自然たち。


Tsumeki8_1


海を載せるの忘れちゃいそうになるので、ここいらで。

たぶんここが一番高い場所。


Tsumeki10_2


あ、爪木崎の灯台が見えてきました。


Tsumeki9_1

お花畑に到着ですよ。


Tsumeki12

おばあちゃんからお花を買います。

ガーデンヴィラへのお土産です。


Tsumeki11_1


なんて寄り道しながら歩くと90分たったことに気づきます。

いい運動になりましたー!

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

水平線から日が昇る

伊豆半島が色づく瞬間、

太陽の光をうけ、

真っ黒な海がじょじょに青く染まっていきました。

まだ光の届かぬ場所は切り絵のように海におかれていきました。

070301sunrise_1

今日は水平線に雲がなく、

海から昇る日の出を見ることができました。

大抵水平線に雲がかかってしまっているので、

今日のような日の出はめずらしいと思います。

無精者の私は室内から。

(左に見える島が大島
右に見えるのが三穂ケ崎)

ところで、お客さんからご指摘をうけました。

三穂ケ崎のシンボルツリーの一本松に名前をつけたらどうか。

このけなげな一本松、なんだか人のように見えませんか?

父は、ひざまずいて花束をお姫様にわたす王子様のようだ

母は、子犬が飼い主にピョンととびついているように見える

お客様はバイオリン弾きが演奏しているようだと。

0703013_1

他にはどんな風に見えますか?

| | コメント (0)

夫婦晴れ晴れ

今日(2月28日)は父&母の結婚記念日です!

毎年父は花束などをこっそり買ってきてじゃじゃーんと母を驚かせるのですが、

本日はちょっとばたばたして、無理でした・・。

・・ですので、勝手ながらあした(3月1日)を休館日にさせていただいてお祝いするつもりです。


結婚して30年以上たつようですが、

父と母は毎日あきることなくケンカを売り合い買い合い、

どこからどう見ても、まったくの仲良し夫婦です。

伊豆に引っ越してきて宿屋を始めたばかりのとき、

夫婦で働くという初めての経験で

夫婦でとまどい、衝突したりもしました。

それを見ていた娘がさらに戸惑っていたのは言うまでもありません。


伊豆での初めての電話番号は22-8080でした。

のんきな父はこれを“夫婦晴れ晴れ(フウフハレバレ)”と読み、

横で見ていた父の兄はため息まじりに、これを“夫婦やれやれだ・・”

と読みました。

なるほど、その時は叔父の語呂合わせに共感したものです。


時はたち、いろいろなことにも慣れてきました。

今年も夫婦晴れ晴れでいてほしいと願っています。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »