« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

伊豆高原アートフェスティバル

母がずっと前から行きたい行きたいと言っていた

伊豆高原のアートフェスティバルに行ってきました!!

伊豆高原はお店や工房がたくさんあるので、

そのお店や工房がアートをかざって一般の人に公開、

出入りを自由にさせてくれるのです。

白浜ペンションの青い海さんにおすすめの場所を母が以前プロットしていただいていたので

マニュアルくんな私たちはまずはそこをめぐることにしました。

というかその前にお昼も青い海さんおすすめの七菜海で。

計画通りの行動。

ランチ1000円なのにこのつきだし!

健康的なメニューでした。

食後にデザートもコーヒーもでて、

大満足。

070531izukogen03


フェスティバルに参加している会場は、

プライベートなお宅、アトリエなども含まれるのですが、

引っ込み思案な私たちはなかなか入りづらく、

いろいろ玄関先まではいきつつも、

結局は魔女のギャラリーしか入りませんでした。

でもこのギャラリーで飾られている絵はとってもかわいかったです。

ここを訪問できただけでも行ってよかったぁ。

建築家のパースを専門に書くかたが描いているファンタジックな魔女の世界ですが、

絵をかくのが本職でないというのがびっくりするくらいでした。

ほしいのがたくさんあったけれど全部売れてしまっていて。

誰が買ったんだぁ!と思っていたら、

私です・・!とお店の奥様。

古いミシン(それ自体もすでにかわいい)などにトールペインティングをほどこして

リサイクルしている美しい奥様です。

・・結局なぜが城ヶ崎の吊り橋で終わったわれわれの小旅行。


070531izukogen01


下見ると結構怖いんですよ・・。

070531izukogen02

| | コメント (2)

2007年5月30日 (水)

庭のいちご

庭のいちごが熟してました。

きれいで真っ赤っか!

070528ichigo

これは父の力作と言えよう。

母が味見をしました。

「ん〜〜!!

んん?!

あんまり味しないわねぇ。」

辛口評価でしたが、

私は柔らかさも酸味もとってもよかったと思います。

| | コメント (2)

2007年5月28日 (月)

竹刈り

行ってきましたー。

お友達の佐藤さんの竹林です。

松崎の山奥も山奥、

林を流れる川がここのところの雨で増水していました。

はずれてしまっていた橋を直さないと進めません。

こんなところがサバイバル!

070527takegari05

っていうかその前に佐藤さんどうやって川の向こう岸行ったの??

という疑問が一瞬頭をよぎりましたが、ま、いっか。

そろりそろりと渡ります・・。

070527takegari04

わさび畑です!

水がきれいなんだなぁ。

070527takegari06

わさびたちの脇をぬけて登ると、いました、いました

孟宗竹(もうそうちく)。

太いですねー。直径10cmなんてざらです。

ああ、かぐや姫ここにいたんだな・・余裕で入れるなってかんじです。

070527takegari08


竹の切り方です。

①→②の順番で切っていきました(専ら佐藤さんが)

070527takegari07

竹同士は根っこでつながっていますが、

一番核となるオスとメスを残せばまたまわりから生えて来ます。

親をころしちゃうと全部だめになっちゃうので要注意です!


竹刈りはマムシも危険ですが、

なんと言っても倒れ込んでくる竹が危険!と私はいち早く悟りました。

そのときのポジションのとりかた。参考までに↓

070527takegari03


さて、いったん倒れると、運搬のためそれを細かく切ります。

そのときの私のポジション↓

070527takegari01

実はこのときに第二の危険が潜んでいるのですね。

竹は表面がつるつるしているので、

切り離されたとたんすべり落ちようとするのですが

このとき反射的に竹を握りしめていると、

くぅぅ・・↓

070527takegari02

とこんな危ない体勢でかかと立ち、

もしくはひっぱられて一緒に落ちる、ことになりかねません。


・・以上図解から私が竹刈りの役にあまりたっていないという印象をもたれたと思いますが、

まったくその通り。しかたがないので、

一人でおじさんたちがほっぽっていた細めの竹からコップをつくることに。

しばし・・

ギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーギーコー・・・

ギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーギーコ–ギーコーx1000(くらいな気分)

070527takegari12

こんな細い竹でも切るのは大変。

しかしこれで焼酎のむんだーーーー!の気合いで4個くらいつくりました。

一休憩で、お昼ですー!

070527takegari09

佐藤さんの奥さんが作ってくれた愛情たっぷりのお弁当。

この包み、もちろん本物の竹の葉でできてます。

パカッ。

070527takegari10

右のおにぎりはこの辺の名物肉飯!

おいしいです。とほほー。

最後に記念撮影してきました。

070527takegari11_1

山からのお土産もたくさんいただきました。

竹刈りは初めてだったのですごくいい体験でした。

佐藤さんどうもありがとうございます。

| | コメント (2)

2007年5月26日 (土)

明日は竹狩り

仲良しの設備屋さんが保有する竹林にいきます。

「まむしが出るがです。長靴用意してね。」

と言われています。

一回目は救急車をよんで処置がはやければ平気だけれど

三回目は・・・チーン。

ということらしいので

気合いのはいった長靴を探すつもりです。

もちろんハンディで。

この辺はもうホームセンターといったらハンディしかありません。

でもあの品揃えの豊富さっていったらサイコーです。

しかもオシャレ系のものはゼロでお店の半分が工具or木材。

たのしぃ。

さぁて明日に備えておやすみしましょう。

っとその前に通常の業務もあるのでやすむと致します。

|

2007年5月24日 (木)

ウィィィーン

都内をドライブしてきました〜。

ほぼ初めて。

免許とりたてのときは無謀にも友達と二人で箱根へ行ったり

横浜の街をさまよったりしたものですが、

そんな危ない過去を抹消した今や、

東京ドライブは初めてです。

東京に車で伊豆から出てくるとまず駐車場を探すのが大変で

東京に来たとたん車はお邪魔虫になりますね。

ガーデンヴィラ白浜には駐車場がお部屋分ありますが、

予約される皆さまがまず駐車場を気になされるのがわかる気がします。


あと、東京は光が多くてどれが信号なの???

と目をシュパシュパさせて走らなばなりません。

しかも道が広すぎて自分がどの車線を走っているのかもだんだんわからなくなり・・

ベテランタクシードライバーもびゅんびゅん走るし、

田舎っぺな私はとても目がまわりました。

今日一日ぐーたら過ごしたのに最後の最後のドライブで

げっそりして

癒しを求めてビールの缶をプシューってかんじです!

| | コメント (2)

2007年5月20日 (日)

ザ・黒船祭

黒船祭取材に行ってきます!と宿をぬけだし、

最終日に行って来ました。

本当は見頃は中日の19日です。

私はパレードなんかも終了してしまった時にいきました。

しかも一人で。

でも楽しいっ♪

始めはなんとなく道ゆく人を撮ってます。

070520kurofunefesta02

ちんどんや。

070520kurofunefesta06

立ち去るちんどんや。

賑やかです。

070520kurofunefesta07

だんだん図々しく、

写真をとらせてほしいとお願いするようになり、

かわゆい町娘さんとおてんばお姫様に扮したお姉さんを写真に収めました。

070520kurofunefesta12_1

毎年恒例下田条約の再現劇です。

070520kurofunefesta10

再現劇を終えた、

ペリー様御一行を発見。

ペリーは旅の記憶に必要だろう、

ということでこちらも撮らせていただきました。

070520kurofunefesta13_1

終いには自分まで写真にうつり出す。

070520kurofunefesta05

いつもは細くて車が通ると歩行者はちょっと歩きづらい道が、

黒船祭中はありがたいことに歩行者天国。

道ばたではいろんな遊び系の屋台も出ており、

子供達が集まる風景はなんだか懐かしい感じです。

070520kurofunefesta03


道ばたのマジックショー。

070520kurofunefesta04

手品師:「・・こうやって紐をひっぱると・・

あれ、うまく行かないかもしれないな・・あれ。。汗」

始めは観客もそれもおしゃべりの一つかと思ってきいているのですが、

手品師:「あーやっぱり、よし、うまくいった」

と素直にホッとしている彼をみて

(本気で失敗しそうだったのだ!!)

と気づき、

どこが成功か失敗かもわからず拍手をするのに躊躇していると

手品師:「拍手ないとやる気なくなっちゃうナ〜」

失敗しそうになるわりに

堂々と拍手を強要するひょうきんな手品師でした。


リズムにのってみんなで手拍子。

見たことあるような!でも微妙に独特な楽器で街を陽気にさせてくれていました。

070520kurofunefesta14

屋台もたくさん出ています。

070520kurofunefesta11

なんと駐車場の中まで屋台村。

070520kurofunefesta08

スケッチのいけみかなこ先生も

ギャラリーに作品を展示してます。

24日までなのでぜひ旅気分を味わいに行ってみてください!!

今回は下田にとどまらず世界中の風景、生活を題材にしたスケッチ展です。

070520kurofunefesta15

街の美化運動。

070520kurofunefesta16

ゴミ拾いに参加するとご褒美がもらえます。

こういう訪れる人みんなで街をきれいにする運動、大切だと思いました。

私もゴミ袋とかわいいトングを借りて参加しましたが、

みんなが拾いすぎてぜんぜん街にゴミがなかった。

いけみ先生になにかゴミありませんかっ!!!

とかなり反則なゴミ探し。

黒船祭、一人で行ったにも関わらず、

ホクホク顔で満喫して帰ってくると

母におかしな子ねぇ・・。と言われましたっ。

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

ソテツ丸刈り計画

というとなんとなく怖い響きありますけれども

ソテツの本来のあるべき姿というと一番上の段のみ残して

他の葉はすべて刈ってしまうのがよいらしいです。

非常に固い葉っぱなので幹のあたりをチェーンソウでがががっと刈り込むとか。

そんなことを知らなかったためガーデンヴィラ白浜のソテツは葉っぱがぼうぼうです。

その滑稽さといえば、流行遅れの髪型でどうどうと渋谷を歩いている感じでしょうか。

花の咲いていない株以外は丸刈りにしてあげて、

でないと葉っぱの密集しすぎると形が悪くなってしまうそうです。

なかなか立派なソテツなので

これは白浜一のソテツと言ってもいいのではないか??

とデジャヴさんに尋ねたところ

ソテツは鉄分を吸い上げることから金がたまらないという意味で

縁起が悪いのでこのあたりでは家の前にはおかないのだよ。

・・・・・・・・と。

ふぅうん・・。

のんきに喜んでいられないではないですか!

しかしまぁ生えているものはしょうがないし

お金がたまらないのは別のところに問題がある気がしますので

白浜一のソテツを目指してがんばりたいと思います。

ちなみに横で一部始終を聞いていたT見さんというお友達が

「いや、うちもソテツ置こうと思ったけど・・・やっぱりやめようかな・・。」

となにやらこの縁起を気にしはじめていました。

ソテツを見て、私たちをちらっと見て、双方を見比べて

なんとなく植えないことを決意している様子で、

し、失礼な!!

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

ドラセナfromデジャヴ

ご近所の白浜のペンションのデジャヴさんを訪問しましたー。

070514dejavu2

段々にたつ建物もかっこよかったです。

小川の流れるお庭もきれいでした。

私たちにとってのお庭大先輩で、

今回はドラセナをいただきました。

デジャヴさんのドラセナは超巨大。

挿し木用に一枝ください、といっても2mの大きさ。

こちらが枝を切っていただいている様子。

隠れてしまってますが。

070514dejavu

レモンバーベナもちょっぴりいただきました。

070514dejavu4

すごくいい香りです♪

さわやか〜。

さらにカモミールも頂戴しまして、

私たちもお茶にしてみました。

アップルミントもおいしい香りでした。

デジャヴさんといえば、ハーブティのプロですから!

ガーデンヴィラ白浜にて挿し木。

これ挿し木なの〜??

と訪れたお友達もびっくり。

またしてもドラセナの裏に隠れるデジャヴパパ。

070514dejavu3

なんていうかなるべくお邪魔にならないように撮影するとこうなります。

ドラセナは過去に2本いただいて1本つきました。

これも大事に育てて根付くとよいな〜。

貴重な植物、どうもありがとうございました!!

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

黒船祭

間近ですねー。

なんといっても花火、おすすめですねー!!

18日、金曜日です。

070514kurofune_hanabi


都会と違ってこちらは人口が少ないということもあり、

かっこいいくらい空いていて

全員特等席で花火見物できます!

花火は遠いと音と光が時間差でくるのが

個人的にすごく気になります。

私と同じ悩みを持つかたはぜひ、間近で黒船祭の花火をご覧ください〜。

結構迫力あります。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

ざっくり

空いてしまいました。

東京に友人結婚式で単身行ってまいりました。

今回はいろいろな人にお会いしましたが、

nkbさんお久しぶりでした〜。忙しい中お時間つくってもらってどうもありがとうございます。

友人結婚式は感動的でした。

私も地元の特産物を賞品として持参させてもらい、

伊勢エビの宣伝(?)してまいりました。

というか地元ながら伊勢エビのひもの(丸ごと!!)があるということを初めて知って驚きでしたよ。

値段高すぎなので自分で味見することは、ないんだろうな〜。

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

お庭でがんばる父

の写真を撮ろうと思いました。

僕が一生懸命働いている写真を撮ってほしい。

と言われましたが、

非常に難しいです、働いてない人を働いているっぽく撮るのは。

070508garden_1

いや、でも最近の父はがんばっています。

お手伝いに近所の方がいらしてくれているというのが一番大きい理由であると思いますが。

その方は非常にきれい好きで、

「僕の後には何も残りませんよ〜。ぬくの好きですから(雑草を)」

そしてその中に父の大事にしている小さな苗たちも含まれてしまいそうなくらいな勢いなので

父も必死で追いかけて手伝っているようです。

植え方が雑草と紛らわしい植え方をするし、

悪環境の中で弱っている苗が多いということから

ガーデンヴィラ白浜のお庭の植物は雑草とそうでないものの区別を付けることが難しいのです。

ガーデンヴィラ白浜のお庭だんだんきれいになりそうですよ!!

バラもにっこり笑ってます。

070508garden3_1

花に細かい毛がはえていて

もっさもっさしているため何度とっても

ピントがずれたようになってしまうお花。

070508garden2


こんなところにキミがいたなんて気づかなかったよ!

雑草をぬいたらいろいろな植物が気持ちよさそうに顔を出し始めました。


070508garden4

ちなみに道に生えているものだから、

またしても踏んづけてしまいそうになって

「そこそこそこーー!!!気をつけてよね、ふんっ。」

と父に注意されました。

いやーでも気持ちよくなっていってる気がします!

がんばれ父よ。

| | コメント (2)

2007年5月 7日 (月)

甘夏ジュース

甘夏ジュースにはまっています。

甘夏をお知り合いからいただき、

しぼってます。

柑橘系の香りって目が覚めるというかとても体によさそうです。

結構すっぱいので地元の人は砂糖を少々入れたり焼酎をいれたりします。

季節限定で朝食のジュースにもお出ししてみています。

味見をしたお客様が

「あまーい!」

とおっしゃられたので、

「あ、すっぱかったので砂糖いれました。」

と申し上げたら爆笑されてしまいました。

たしかによくよく考えれば変かも! 反則っぽいかも。

(すっぱいなら甘くせよ。)

という指示が頭の中を支配していたのです。

以来聞かれる前に

「ちょっと砂糖いれちゃいました。」

と断ってからお出ししてみてます。

次はそのままで出してみようかしら。

びっくりしちゃうすっぱさかもしれません。

みなさま気をつけてください。

| | コメント (2)

2007年5月 1日 (火)

ハッピーで溢れる日

大型連休初日は

ハッピーで溢れる宿でした。

サプライズ旅行に来られた方や

お誕生日、結婚記念日などさまざまな記念日のお客様が偶然重なったのです。

記念日プランをご利用いただいていたので

私たちも少しばかりお役にたてさせていただき、

うれしかったのです。

さらに。。。夜も更けてきたころ、

一緒に旅行している相手にプロポーズしたいから、

テラスに場所を用意してほしい・・との要望をお客様からおうけしました。

真っ暗で星のきらめく夜空の下でプロポーズ、

なんて素敵なのでしょう!

そういうお手伝い大好き♡

と私は目を爛々と輝かせながら

ムードを出すためのセッティングをさせていただきました。

今度はご夫婦でいらしてくださいね〜!

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »